オーダーメイド靴について

フルオーダーメイド靴について

自分好みの仕立てにできる、自分の足にしっくり馴染む、この二つがフルオーダーメイド靴の最大の特徴です。世界に一足の自分だけの靴です。デザインや色を決め、足の採寸を行い、木型作成、仮靴作成を経て作られる靴は、一度作れば、直しやメンテナンスをしながら、愛着ある生涯履き続けることができる一生モノの靴となります。
一方、一般的な市販靴に比べると値段が高く、出来上がりまでに時間がかかってしまうことは否めません。しかしながら確実に自分だけのオーダーメイドを楽しむ世界があり、また足のトラブルを抱えた方々にとってはオーダーメイドでなければならない必然もあるのです。

オーダーメイドの靴と言ってもさまざまなものがあり、セミオーダーメイド、パターンオーダーメイドなどハンドメイドと謳ってはいるものの、出来合いの量産品が多いのが現状かもしれません。
数万円でフルオーダーメイドの靴を作ることは非常に困難で、一般的な高級フルオーダーメイドの相場は50万円程度です。しかもパーツの裁断や加工は委託製造するのが一般的です。

靴工房カステッリーノの靴は職人が革を選ぶことから始まり、一枚の革から切り出しを行い、アッパーとソールの細かい縫製、染色に至るまで徹底したハンドメイドにこだわりを持っています。
それは全て自ブランドでまかなうことで、品質を維持・向上でき、イタリア産一級品カーフを使用しているにもかかわらず10万円台からという破格のコストパフォーマンスも実現しています。
職人と相談しながら世界に一足しかないオリジナルの手製革靴をぜひお試しいただき、ご堪能ください。

オーダーメイド靴の製作工程

モデルの決定

1

まずは最終製品を想像しながら、デザインと色を決めます。
一風変わったデザインなども職人と相談してみてくださ。

足の採寸

2
足の採寸

靴工房カステッリーノのオリジナルオーダーシートに沿って足のサイズを測ります。

木型作り

3
木型作り

靴の原型作りで、一人一人の足の形に合わせて作成します。

仮靴作成

裁断

4

木型から型紙を製作し、革の状態を考慮しながら靴の各パーツを革から切り出します。

縫製

5

手縫いで革を貼り合わせていきます。

釣り込み

6

木型に被せて革を貼り付けるように釣り込みます。

仮合わせ、仮底付け

7

木型をはずし、仮底をつけて仮靴が出来上がります。

ここで足に合っているか
どうかを確認します。

本靴作成

裁断

8

本靴用の各パーツを革から切り出します。

縫製

9
縫製

手縫いで革を貼り合わせていきます。

釣り込み

10
釣り込み

木型に被せて革を貼り付けるように釣り込みます。

縫い合わせ

11
縫い合わせ

底付

12
底付

底になる部材を取り付けます。
もちろん手縫いです。

染色&艶出し

13
染色

微妙なグラデーションや靴底にもこだわります。

納品

14

納品

お客さまのお手元へお届け